女性の薄毛について。女性のための自毛植毛は親和クリニック新宿

親和クリニック新宿

女性のための自毛植毛

女性特有の薄毛とは?

女性に多い薄毛の症状 親和クリニック新宿

女性に多い薄毛の症状 親和クリニック新宿

薄毛の悩みは、男性だけが持つ悩みのように思われがちですが、実は日本人女性の10人に1人も薄毛に関する悩みをお持ちだということが分かっています。
実際に、薄毛の相談で親和クリニックに来院される女性の患者さまの数も、年々増え続けています。
女性の薄毛は男性とは違い、分け目部分が薄毛により目立つようになった、頭頂部が全体的に薄くなってきたなど、さまざまな悩みのタイプに分かれます。
男性の薄毛の特徴は、毛髪が完全に抜けてしまうというものですが、女性の場合は毛髪が細くなり頭皮が目立つようになるという特徴があります。

男性と女性で薄毛が起こる仕組みの違い

男性の薄毛

男性の薄毛

額や頭頂部の毛根細胞というのは、男性ホルモンの影響を大きく受けると言われているため、頭皮ケアをして清潔で健康な状態を保っていても、毛髪が細くなったり抜けてしまったりすることがあります。

女性の薄毛

女性の薄毛

ヘアカラーやパーマなどの頭皮や毛髪への刺激、また老化やストレス、ダイエットなどにより、毛がだんだんと細くなって薄毛の悩みを抱えるようになってしまいます。

女性の薄毛は、年を取るにつれて細くなる

女性の薄毛は、年を取るにつれて細くなる

女性の薄毛の原因というのは、男性に比べると複雑でさまざまな原因があります。
男性とは違い、女性の場合は遺伝的な要素が少ないことから、原因をきちんと究明して原因に合った対処を行うことが出来れば、薄毛改善を実現させることが出来ます。
元通りのフサフサで綺麗な髪の毛を取り戻すことが出来る可能性も十分にあります。

親和クリニック新宿の女性向け薄毛治療

女性のための薄毛治療

女性の薄毛の症状は、男性ホルモンによる影響はほとんどなく男性に比べて薄毛改善がしやすいと言われています。
「ずっと薄毛の状態だからもうどうしようもない」「老化現象の1つだから仕方ない」そんな諦めの気持ちを持たないで、まずはお気軽にご相談ください。
親和クリニックでは、患者さま1人1人の悩みや状態に合わせて、最適な治療法をご提案させて頂いております。

費用について

脱毛症

種類

びまん性脱毛症

老化やストレス、過度のヘアケア、ダイエットなどの要因により、特に中年以降の女性によく見られる脱毛症です。特徴としては広い範囲で髪の毛が抜けて薄くなる症状です。女性型の脱毛症としてFAGA(女性の男性型脱毛症)とも呼ばれています。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは中年の男性や女性に生じるAGAやFAGAとは異なり、皮膚炎によって進行する脱毛症です症状です。シャンプーなどのヘアケアを怠った状態で長期間放置しておくと、頭皮や毛穴に大量の脂分がくっつきます。この脂分がフケとなり、毛穴が詰まらせ、抜け毛の原因となります。脂漏性脱毛症は上述の頭皮の汚れだけでなく、トレスや生活習慣によって起きることもあります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは近年になって日本人女性の間で増加している脱毛症の一つです。
ポニーテールや団子結び、ドレッドヘアーなどによるファッション感覚の髪型が原因で、牽引、つまり髪の毛を引っ張ることによるダメージが原因で起こる脱毛症です。
短期間で症状が進むのではなく、若いころから何十年も髪を引っ張り続けることにより、牽引性脱毛症を引き起こす例が多いです。

びまん性脱毛症

治療方法

内服・外用薬

切らない自毛植毛FUE

女性の脱毛症にはAGA(男性型脱毛症)の治療薬フィナステリドは適用できず使用できません。女性の脱毛症には「パントガール」を使用します。即効性はありませんが、3カ月しっかり服用して頂く事で70%の方が、抜け毛の症状が軽減したと実感しています。外用薬は男性同様「ミノキシジル」を使用します。

詳しくはこちら

ノーニードル発毛メソセラピー

ノーニードル発毛メソセラピー

頭皮と毛髪の細胞を活性化し修復させる親和クリニックオリジナルの発毛薬を、針を使わずに頭皮に注入する治療法です。ナノテクノロジーを応用した世界初のミノキシジルドラッグデリバリーシステムを採用し、有効成分を効率的に頭皮に導入していくことができるエレクトロポーション機器を用いて、痛みなく有効成分を注入することができます。

詳しくはこちら

自毛植毛による治療

自毛植毛による治療

女性の脱毛症も男性と同様、「根本的な治療」となれば、現代の医学では植毛手術が最も効果的な治療方法です。発毛や育毛治療は症状をこれ以上進行させない「現状維持」の治療であり、気になる部位に髪の毛を増やすことはできません。自分の髪の毛を薄くなった部分に植毛することで新たな髪の毛が生え続けます。

詳しくはこちら

瘢痕

種類

フェイスリフトなど、手術による傷跡

シワやたるみなどを取る美容外科手術のフェイスリフトによって残る傷跡や
その他手術によりできた傷跡です。

幼少期からの傷跡、外傷による傷跡

幼少期のころのケガや火傷、事故などにより頭部に傷痕が残ってしまった場合に、毛髪が抜けてしまう、いわゆる“瘢痕性脱毛症(はんこんせいだつもうしょう)です。

瘢痕

治療方法

自毛植毛による治療

手術による傷痕で脱毛している部分や、もみあげの脱毛部分などにリカバリー施策として自分自身の毛髪を移植することで傷痕を目立たなくすることができます。この修正植毛術は当院のメスを使わない自毛植毛(FUE)《MIRAI法》で行いますので新たに大きな傷が残ることはありません。

自毛植毛による治療

詳しくはこちら

美容目的

種類

額の生え際の修正

脱毛症とは違い、生まれつきおでこが広い、極端にM字に額が広がってソリコミが入ったような状態により理想とする髪型ができない。きれいな富士額にしたい、おでこを狭くしたいなどの美容目的での治療です。

密度の向上

こちらも脱毛症とは違い、生まれつき髪の毛の密度が薄く、限られた髪型にしかできないなどのお悩みを解消する美容目的の治療です。
いろんな髪型を試したいが、毛量が少なくてチャレンジできないなど女性ならではのお悩みです。

美容目的
美容目的

治療方法

自毛植毛による治療

毛のお悩みに対してだけではなく、ファッション感覚やおしゃれ目的での治療にも自毛植毛が最適です。親和クリニックの技術により、気になる部位だけの植毛や、患者さまがご希望されるデザイン通りの植毛など細かなご要望にもお応えできます。
部位やデザイン範囲にもよりますが、美容目的の植毛は、移植株数は多くはないので、手術時間も短く、翌日から仕事復帰も可能です。

自毛植毛による治療

詳しくはこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談