医療レーザー脱毛体験レポート

矢部美穂さんレーザー脱毛をして損をすることなんか1つもありませんね!

矢部美穂さんプロフィール
矢部美穂さんとスタッフ
矢部さん:レーザー脱毛したら、肌がぐっと綺麗になった。みえる?どっちですか?
北山:両方ですね。
矢部さん:綺麗になった、みえるということを、めちゃめちゃ実感してます。
足は10代、20代脱毛やってなかった時より、今の方が綺麗。
ストッキングがいらなくなりました。
どうしてなんですか?
   

北山:一番の理由は、やっぱり自己処理の回数が減るので、肌を傷める回数が減ることによって毛穴が目立たなくなるのです。
で、剃ることによってそこの周りに色素沈着とかあったものが、さわらなくなるので、それもだんだん綺麗になっていくというところでしょうね。
矢部さん:実際肌が綺麗になったなぁって感じるし、自己処理がいらないから楽というのもなんですがレーザー脱毛してみて変わったのは、自信が持てるからどんどん出していこうって感覚になったことなんです。
昔は足にコンプレックスがあったので、なるべくこうパンツやひざが見えないほうがいいなって思ってたんですけど、今は逆に見せたほうが維持できることを知りました。
不思議なんですけど(笑)出してたほうがいいです。
結局見られてないとダメですよね。
北山:見られてないと、たるみますよね(笑)
矢部さん:そうそう!
緊張感がない足になっちゃうって、悲しいじゃないですか。そんな意識がすごく変わりましたね!
北山:患者さんでもいらっしゃいますよ。
いらっしゃった時は結構長いスカートとかお地味な格好をされていた方でも、だんだん、だんだん表情も明るくなってきて、だんだんかわいいミニスカートをはいたりされる方も多くいらっしゃいます。
矢部さん:自信ですよね。
北山:そうですね、お化粧の仕方とかも変わったりして、キラキラし始めるっていう方はすごく多いですね。
矢部さん:昔はムダ毛の処理に手間も時間もかけていたわけですよ。そして、どうしてもたまに忘れてしまうときなど、
その一日が楽しくないというか気になっちゃって。ばんざいして喜びたいのにできなかったりとか・・・。
でもレーザー脱毛すると、そんなことなくなって、肌も綺麗になるし、損することはひとつもないと思いますよ。
北山:そうですね。自己処理はお肌へのダメージがありまして、毛を剃ることによって表面の角質の部分が一緒に削げてしまうので乾燥しやすくなったりとか、それによって炎症が起きて色素沈着がでたりとか。
毛抜きを使っていくと、やっぱり毛の周りに炎症が起きて毛穴のところに色素などがついて、ポツポツとストッキングをはかないと毛穴が目立つ状態になる方が多いですね。
わきなどの黒ずみを気にしてる方も多いですけど、自己処理による黒ずみがすごく多いので。
脱毛すると黒ずみを綺麗にしてくれますよ。
矢部さん:私は、実際自分がやってみてやってよかったと実感してますね。やった後とやる前とでは肌が全然違うと思います。
北山:レーザー脱毛については、どのようにお知りになったんですか?
矢部さん:やっぱり口コミですね。
やろうと思っても、最初はやっぱり不安だし、どうしようと思った時に頼れるのは知り合いの意見ですよね。
ネットで検索したりもしましたよ。
私ね、実はレーザー脱毛デビューは遅めなんです。
こういうお仕事をしていると、どうしてもグラビアのお仕事とかあるので、普段から処理をしていないといけないわけなんですよ、普通の女の子よりも。
まわりのタレントさんとかヘアメイクさんとかから聞いてはいたのですが、なかなか行ってなくて。
今から3年ぐらい前に行ったくらいですね。普通にもう流行りだしているという時期。
今は雑誌や広告などで載っていたりするじゃないですか。
北山:そうですね、3年だと最近ですもんね。
矢部:なんかね、昔はお値段的に高いイメージがあって。今はね、お手ごろになっていますけど。
あと今はね、美容にもお金をかけようっていう意識が芽生えてきて。
若い時は正直違ったんです。やっぱり衰えたくないっていう意識が10代、20代よりも30代は強くなる。
40代になった時にいかに30代中盤に見られるか。これが勝負だと思っているんで。(笑)
北山:なるほど。今までに、どの部位を済まされてます?
矢部さん:膝下と肘下とわき。3箇所です。
北山:各部位何回ずつくらいやられてます?
矢部さん:わきはもう8回とか行ってるけど、またさぼってたらまた黒い毛が出てきたんです。
膝下と肘下、まだ4回くらい。だからまだ終わっていないです。
北山:うーん、わきが8回ですか…結構生えてきますか?
矢部さん:まだまだ。たぶん昨日剃ったから。ちょぴっと黒いのが。
レーザーによる医療脱毛のしくみ北山:どれくらいの間隔で行ってますか?
矢部さん:前は3ヶ月とかずつでしたけど、今ちょっと空いちゃって半年とかぐらい空いてます。
北山:生えた時、気になった時に行くのが一番いい時期なんですよ。
矢部さん:あぁそうなんですか! じゃあ、まさに今ですね。
今スタートすれば来年の春にはツルツルお肌に
北山:後から生えてくる毛には、生えてきたタイミングでレーザーをうつのが一番効くんですよ。
それくらい回数重ねてる場合は特にですね。
矢部さん:徐々に薄くなっていきますもんね。
北山:最初は決まった周期で通っていただいたほうが、つめて通っていただいたほうが効果はいいんですけど。その段階でしたら、でてきた時ですね。
矢部さん:私の場合は、もともと毛が頑固なんです。
北山:膝下、腕は最低5回はかかるんですよ。それに、毛質が細いところのほうが減りは悪いんです。
矢部さん:えっ? そうなんですか?
北山:回数は、基本的に毛質の問題ではないと考えてます。太さが太いから減るのが遅いとかではなくって、本数が多いからかかる回数は多くなったりはしますが、毛根の質などによって、実際はレーザーをあててみないとわからないところではあるんですけどね。そして毛周期の話しになってくるのですが、毛には3種類あって、今全然働いていない休止期の毛根と、抜け落ちる直前の退行期の毛根とあとは成長期っていう毛があるんです。
その3種類の中でレーザーが効くのは生えてる毛だけなんですよ。
なのでその生えてる毛に正しいパワーで照射できてれば、それには絶対効きます。
ただその生えてる毛っていうのは全体の毛穴が全部あるうちの30%くらいなので、それにまんべんなく最終的にあて終わるのが目安としてだいたい5回くらい。毎回毎回その30%が生えてくるわけではないので。
たまに思い出したように生えてくる毛穴もあるので、そういうのは全部5回終わった後に部分的に照射していただいてもいいですね。特にわきとかは忘れた頃に一本とか生えてきますね。
矢部さん:あぁそう。そうそうそう、パァーって。また生えてきちゃったって感じになっちゃいますよね。
北山:そうですよね。ただそれは今まで照射してなかった毛で健康なものなので。
矢部さん:あぁ、健康体の毛が生えてきちゃった(笑)
北山:そうですね。そのときに照射してあげればもうその毛穴からは生えてこないですね。
矢部さん:なるほど。そういうことなんだ! よくわかった気がします。
毛周期って?
矢部さん:あとね、先生にひとつ聞きたいことがあるんですけど。
お顔はどうなんですか?
北山:私はお顔もやってるんですけど、お顔はやっぱり回数かかります。
時間も回数もかかりますね。
矢部さん:毛薄いから早いと思ってたけど、さっきのお話にもあった毛質ではないってこと?
北山:そうですね。
レーザーは基本的に色に反応するので、色が濃いところのほうが、同じパワーであてた場合、しっかり熱が伝わるんですね。
毛の薄いところだとエネルギーをどうしてもあげなければいけないですけど、やっぱり肌の色もあるのでやけどをしないレベルであてていくので、どうしても限界があるんです。
特にお顔は赤みが出やすいので、赤みが出るかのギリギリのところでやっていくので、だいたい10回くらいはかかると思いますね。
矢部さん:そうだったんですね。
今日まで逆に考えてました。薄いほうが数回で終わって、濃いほうが時間がかかるんだと。
そういうのがわかると、安心感につながりますね。
新しいトライもできる。でも、だったら濃いところやっちゃおうって思いますよね。
一番いやじゃないですか、濃いところが。正直。
北山:そうですね。一番綺麗になるのが実感できますよね。みなさん、見えてる所から始めます。
お衣装とかで出される方は、背中とかから脱毛されますよ。
一般的には、わき、足、腕、ビキニラインの方が多いですよ。。
矢部さん:ビキニラインまだやってないんだよね。
でもなんか痛そうだよね。どうしても痛いのとはずかしいのと両方があって。
北山:そうですよね。痛みは多少ありますが、Vラインはそうでもないです。
お恥ずかしい気持ちはあって当然だと思いますが、施術する側としては、毎日何十人とその部分をみているのであまり気にしてはいませんよ。
矢部さん:そうですよね。Vライン以外のところは痛いですか?
北山:うちだと麻酔のクリームをお出しています。頑張れる方は全然頑張れるんですけどね。
辛い方はご相談いただければと思います。
矢部さん:でも、そういうビキニラインも全部やるとすっごい楽になると思う。
北山:そうですね。
矢部さん:絶対。変な話ですけど、女性にとってわずらわしい日もあるじゃないですか。
だけどつるっとしてるとこう楽じゃないですか。
北山:そのためにやられる方多いですね。蒸れないって言って。
矢部さん:そうなんだ!楽だもん絶対に。いつかは行きたいなと思いますけどね。
とりあえずは、まだ終わってない部分と、健康的な数本の処理をやってもらいたいな。
先生のところに、きてもいいですか?
北山:もちろんです。お待ちしてます。
矢部さん:うれしい! 宜しくお願いします!

※個人的な感想です。